わくわくサマーキャンプ 活動報告書

 

皆さま、こんにちは

9月に入り、少しずつ涼しくなってきましたね、台風が多いですが…

 

さて、8月に行った【わくわくサマーキャンプ2016in益子】の活動について今日はご紹介したいと思います。

ホームページからもたくさんのご応募を頂きました。本当にありがとうございました。

 

参加してくれたのは栃木県内の小中学生16人!

小学校1年生から中学校2年生まで、年齢はバラバラでしたが、

中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんたちは小さい子の面倒を本当によく見てくれました。

プログラムを考える上では、難易度や楽しめる内容という点で年齢の違いは難しい面も少しありましたが、

上の子が下の子の面倒を見てくれる場面がたくさんあったという点ではとてもよかったと思っています。

 

あいにくの悪天候により、子どもたちが楽しみにしていた川遊びは安全面を考えて今回は中止にするなど

プログラムを変更することもありましたが、何よりも子どもは本当に元気いっぱいだということを感じることができました。

初めて会ったお友達や大人のスタッフともすぐに打ち解け、2日間終始遊び続けました!!

遊びの体験だけでなく、食事もみんなで一緒に作りました。低学年の子どもたちも運ぶのを手伝ってくれたり、

子どもたちみんなが率先して自分に出来ることを見つけて動いてくれました。

みんなで協力をして、楽しいキャンプを一緒に作ったという意味でも、とても思い出に残る2日間だったと思います。

この2日間のサマーキャンプを通して改めてこういった「体験」の場を子どもたちが作っていくことの大切さを感じました。

みんなと一緒にご飯を食べた、スイカ割りをした、流しそうめんを初めてした、子どものころにこういった経験をたくさんして

大きくなっていってほしい、そのためには学習、食、体験などの総合的なサポートを行っていくことがこれから必要であると考えています。

このサマーキャンプをスタートにし、秋や冬にも体験プログラムを行う予定です。

このサマーキャンプの詳しいプログラム内容や子どもたちの感想などをまとめた活動報告書も作成いたしましたので是非ご覧ください。

 

昭和こども食堂と合わせて、ご興味のある方は是非、ご参加くださいね☆

 

また、子どもたちの体験活動にご支援、ご協力くださった皆様に心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

ダウンロード
サマーキャンプ報告書.pdf
PDFファイル 1.0 MB

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ささまま (土曜日, 29 10月 2016 01:57)

    おせわになりました。
    とても楽しかった
    次があったらまた参加したい!と
    子ども申しておりました。