7月の昭和こども食堂

あっという間にまたしても月が替わってしまいましたー。早いですね、こうして1年があっという間に合わってしまうのでしょうか。笑

今回も7月の昭和こども食堂の様子をまとめての報告となります。

7月もとっても濃い内容でした、毎回新しいこと、発見、出会い、繋がりが生まれています。

是非こちらをご覧の皆さまも、宇都宮市昭和地区まで足をお運びくださいませ。

大人の方お一人のご利用ももちろん大歓迎です☆☆

 

~7月4日~

7月最初の料理は筑前煮でした。それから7月に入ってからじゃがいもを持って来て下さる方が本当に増えました。

ということで、じゃがいもをただゆがいて、マヨネーズやバターを乗せたりと、中学生の男の子にはやはりマヨネーズが人気だったようです。

この日は近くに住むお母さんと息子さんが遊びに来てくれました。お父さんはお仕事が忙しくなかなか一緒に夕飯が食べれられなかったりと、二人で過ごすことが少なくないようです。そういった家庭は多いのではないでしょうか?

週に1回でも気軽にこども食堂にフラッと食べに来て、他の子どもたちと遊んだり、二人だけではない食卓を経験、体験できる場として、ここで過ごしていただければいいなと思います。

~7月11日~

この日は子どもと一緒に働ける、働くお母さんたちの会社、「ウィズマミー」の方が来てくださいました。栃木には既にある上三川のこども食堂さんの方にはイベントでも良く行かれているそうです。お近くにお住まいということで自転車でお子さんと来て下さり、たくさん写真を撮ったりして頂き、後日子育て情報サイト「ゴゴチ」に掲載して頂きました。お母さん方にこういった場がある事を知っていただき是非利用していただきたいです。ありがとうございました。この日はいつもご支援頂いているチビッコ未来文庫様もお菓子を持って来て下さりました。いつもありがとうございます。

そしてこの日から新しいボランティアの方が来て下さり、子どもに本の読み聞かせをしてくれました。普段は男の子たちが車で遊んでいて賑やかなキッズルームですが、女の子はとても静かに聞いていて、こういう時間もいいなと感じました。

~7月18日 海の日~

この日は昭和こども食堂、初めての祝日営業でした。いつも来てくれている中学生たちも、学校がお休みで、お仕事終わりに来られるお母さん方もお仕事お休みで、来ていただけるか不安でしたが、子どもたちを連れて食べに来てくれました。この日は頂いたお野菜がたくさんあったので、とうもろこしもいっぱい食べてもらうことが出来ました。小学生のお兄ちゃんはなんと3つも!いっつもとてもうれしそうにおいしそうにたくさん食べてくれるので見ていてとても気持ちがいいです。やはり毎週月曜日にこの場所で子どもたちに会えることが私たちスタッフにとっても楽しみになっていると感じます。スタッフ同士で、今日あの子来ないね~など会話することがよくあります。9月の敬老の日もオープンしますので、皆さん是非いらして下さい。スタッフ皆がお待ちしています。

それからこの日は宇都宮大学の学生さんからのご紹介で農家さんのところに行ってきました。学生さんが実際に農作業もされている場所で、お世話になっている農家さんのところで、大量に採れすぎて処分されている多くの野菜を見て、学生さんから、是非こども食堂で使ってくださいと連絡を頂きました。実際にお邪魔してこの日もトマトやナス、長ネギ、アスパラガス等々たくさんのお野菜を頂くことが出来ました。とても優しい方でいつでも用意しとくから~と仰って下さいました。これからも定期的に頂いてこども食堂でおいしい料理を作りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

~7月25日~

夏休みに入ったということもあり、子どもがたくさん来てくれました。前回来てくださった方が今度はお友達を連れて来て下さったり、チラシを見てお友達を誘って新しく来て下さったりと、こども食堂らしい、子どもたちの遊ぶ声が響く空間でした。お母さん同士でお話をされていたり、お母さんのお悩みを聞いたり、大人にとってもご飯を食べながらついつい気軽に話が出来てしまう、そんな雰囲気が皆さんと一緒に作れているような気がします。そして子どもはほとんどキッズルームにこもりっきりで最後まで元気に遊んでいました。毎回皆さんにお腹一杯栄養のある食事をとってほしい、その思いで料理を作っていますが、利用する皆さんやその場にいるスタッフ、ボランティアさんにとっても、昭和こども食堂の場は、食事プラスお話をする、くつろぐ、遊ぶ、人に喜んでもらう、出来る事が増える、このプラスの部分の役割がとても多いのではないかなと思います。ですので是非、一人暮らしの方も大人の方も、どなたでもお気軽にお越しください。お待ちしています。